新田青雲中等教育学校では「夢の実現に向かって」というコンセプトを、すべての教職員が共有しています。
それは、「彼らの(their)」「君たちの(your)」夢の実現ではありません。
○○○'sの夢の実現です。
○の中に、子どもさんの名前を入れてください。○○○さん、○○○君の夢の実現。
すなわち、「一人ひとりの夢の実現のために。」
それが、新田青雲中等教育学校の、コンセプトです。

中等教育学校は、中学校・高等学校をひとくくりにして運営する新しい学校です。
中等教育学校は、全生徒が6カ年一貫教育を受けることができる学校です。
ここには、友達や先生とともに6年間歩む中で、目を見はるような成長が約束できる環境があります。

学習面においては、中学校と高等学校で重複した内容を整理して学習したり、前期課程で一部高等学校の内容を学習したりすることもできます。
また、後期課程に進級する際に受験がなく、10年後・20年後の自分の姿をじっくりと描きながら、自信を持って大学受験にのぞむことができます。

何よりも、6年間という時間をかけて多感な時代の人間的成長を支援してもらえることが大きなメリットです。

6年間通じて学校の雰囲気が変わることもなく、落ち着いて学校生活を送り、学習することができる新田青雲中等教育学校の魅力を、ご自身の目で確かめてください。


新田青雲が掲げる4つの教育方針(「徹底した学力養成」「心の教育」「感動の教育」「面倒見の良さ」)に込めた思い、それは新田青雲からの熱いメッセージです。

新田青雲では学ぶすべての時間を通して、生徒が自らの存在の意義や可能性を発見し、自己理解を深めることができるよう、教育計画が編成されています。さらに、生徒一人ひとりがその上に立って目指すべき方向をしっかり捉え、信念を持って前進し、最高の形で結実できるよう、あらゆる角度からサポートできる体制が整備されています。

13歳から18歳という学齢期は、"生きる"上でどれほど大きな影響を受ける時期であるか、保護者の皆様も経験上、十分お分かりになっておられることでしょう。
「あの時、こうしておけば…」と後悔の念を残してしまうのも、やはりこの時期に起こったこと、経験したことの中に数多く存在します。

――「6年間に悔いを残さない。」
自分探しの旅は、あらゆる場面で息を抜くことができません。一刻も無駄にはできないのです。時の流れは、すべての人に平等ですが、その時の流れの中で何を見つめ、何を感じ、どう取り組むかは、人によってそれぞれ違ってきます。そしてそれらは、ともに学ぶ友人、教えを受ける教師、心に刻まれる経験などにより大きな影響を受けます。
新田青雲の快活さ、ひたむきさ、強さ、実直さ、そして"青雲の志"を持った仲間としか経験できない、学べないことが数多くあります。師弟同行の熱い心で寄り添う教師から、人間としての在り方・生き方を学ぶ機会がたくさんあります。

新田青雲生であること、新田青雲で学ぶこと、それは"生きる"ことを、"懸命に生きる"ことへステージアップすることなのです。

5教科の時間を最大限確保し、6年間を見通したカリキュラムを組みます。
 授業の先取りと、きめ細やかな指導により、6年後の大学受験に必要な実力をつけます。
 生徒の学習意欲に充分応じた補習体制を取ります。
 5教科の授業時数は学習指導要領の標準授業時間を大幅に上回ります。数学・英語は2倍以上。6年を基礎期、充実期、発展期にわけたカリキュラムは私学ならではの効率的な学習システムです。

日本文化を実感できる剣道・柔道・弓道・茶道・華道を取り入れ、しつけを重視します。
学年をこえた交流を通して、仲間との絆を強め、思いやりの心を育てます。
1年で剣道と茶道、2年で柔道と華道、3年で弓道を男女を問わず全員履修します。
日本の文化・日本の心を知り、自分を律していく精神力、礼儀を身につけるための授業です。

華道(2年生男女)

茶道(1年生男女)

弓道(3年生男女)

柔道(2年生男女)

剣道(1年生男女)
遠足・体験合宿・芸術鑑賞・校外実習・研修旅行・青雲祭(文化祭)・スポーツフェスティバル (体育祭)・など、毎月必ず大きな行事があります。
好奇心と探究心を養う行事で感動し、成長していきます。
平日の7時間授業、土曜日の授業(半日)により、学校生活にゆとりがでます。
その時間を 利用して、”感動”を体感し、ハードな学習だけでなく、めりはりのある学校生活が送れるよう 配慮しています。

遠足

青雲祭

修学旅行

スポーツフェスティバル

能楽堂見学

スキー実習
一人ひとりの様々な能力を伸ばすとともに、理解度の格差をなくす手立てとして、小人数での選択授業・習熟度別授業を多く取り入れます。
基礎学力の充実には、特に注意を払い、小グループや個別でのきめ細やかな指導をします。
わかると面白くなり、もっと知りたくなる・・・。ステップ・アップするためには苦しいこともあります。そこを、個別指導で、フォロー補習で、更には長期休暇の特別講座で、教師が上手にフォローし、学力の定着を図っています。


このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright(c) Nitta Seiun Secondary Education School. All right reserved.