私学振興大会

平成29年11月18日国際ホテル松山にて、第6回愛媛県私学振興大会が開催されました。

愛媛県知事(代理)、愛媛県議会議長、愛媛県議会自民党私学振興議員連盟議員団の方々、愛媛県庁から私学文書課長を来賓に迎え、本校をはじめ県内から各私立高校・中学校、中等教育学校の教員・保護者が多数参加しました。

今大会のスローガンは~愛媛県私学教育の可能性を最大限に発揮するために~「私立高等学校等経常費補助の維持・拡充」「保護者の教育費負担の公私間格差の是正」を訴えました。

保護者の声では、新田高等学校、聖カタリナ学園高等学校、松山城南高等学校、愛光中学・高等学校、済美平成中等教育学校の各保護者代表が発表し私立学校ならではの特色ある教育内容やその素晴らしい成果を報告し合いました。

保護者の願いでは、愛媛県私立中学高等学校保護者会連合会代表として今治明徳高等学校本校・矢田分校のPTA会長が発表。

保護者を取り巻く身近な環境では増税などの経済的な不安要素が多い中、近年続く自然災害から安全安心な教育環境を守るため、耐震工事などの整備に公的支援が必要な事。家庭の経済状況による自由な学校選択が妨げられることのないようより一層の手厚い公的援助を望む事など、私立学校の教育環境の改善のため、また保護者の学費負担のさらなる軽減のために、より一層の支援制度の拡充・増額されるよう、国並びに県の関係予算がさらに充実されますようにとの保護者の声を読み上げました。

そして読み上げられた保護者の願いを直接県の担当者に手渡し閉会となりました。

最後になりましたが、当日は寒い中、またご多用中のところ関係各位の皆様には多数ご臨席を賜り誠にありがとうございました。今後とも本校の教育活動へのご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。