部活動訪問 「科学部}

たくさんクラブや同好会があるけど、部活動って何してるの?という意見がありまして、PTAでも部活動訪問を始めることにしました。
第1回目は・・・「科学部」です。
科学部は主に前期課程の生徒が主なメンバーで、1年生が4人、2年生が10人、3年生が2人所属しています。毎週月曜、水曜の放課後活動しています
この度「第58回日本学生科学賞」で2年生メンバーの「Seiun8」が「捺印マット上の運動」で最優秀県議会議長賞を授賞しました。
この実験は限られた時間の中、夏休みも使って行いました。

捺印マットに順目、逆目があることに気づきその上での物質の動き方について研究しました。
捺印マットに紙を置き、分銅をピンセットで持ち、紙の上で10回×5セットずつ置いていくときに40回目だとしても分銅が倒れてしまったら1回目からまたやり直しになったり、とても根気のいる実験でした。
また、ゴルフ場の芝が捺印マット上と同じような状態なので、ゴルフ場まで足を運んでボールを転がして実験を行ったりしました。

「このような大きな賞を頂いたと聞いてびっくりしたとともに、1人ではなくて8人全員で協力して行ったので、本当にうれしかった」とメンバーは話してくれました。
今後は今やってきた内容をもっと掘り下げて、新たな挑戦をしたいそうです。
これから科学部へ入ろうと思っている人たちへは、「個別でやるよりも集団、みんなで協力して活動を続けてほしい、地道にやり続けることを期待します」とのことでした。

科学部の皆さんはとても仲が良く、やはり協力して頑張った達成感が取材から感じられました。
今後の科学部のさらなる活動に期待するとともに、子供たちの頑張りに励まされました。