クラブ訪問 卓球部

卓球部は、1年生3名、2年生6名、3年生8名の17名で活動しています。
毎日放課後1〜2時間程度練習をしているそうです。顧問は、中野先生、神原先生、山口先生です。今年度は1,2年生が一名ずつシングルスで県大会に出場しました。
見学に行った日は、体育館の入り口のスペースを有効利用して卓球台を置き、楽しそうにラリーをしていました。

練習人数が多い日は、靴箱付近や廊下にも卓球台を出して練習するそうです。
この日も靴箱付近の卓球台で、入部希望者の1年生に2年生がラケットの向きや打ち方を教えていました。

基礎練習は主に週末だそうですが、スマッシュ練習のために打ちやすい球を打ってあげる生徒もいて自主的に工夫して練習している様子が印象的でした。
卓球部に入ってよかったことを聞いてみると、どの学年でもいろいろな先輩と知り合えたことをあげてくれました。

卓球は個人種目と思われがちですが、練習相手がいなくては成立しない種目でもあります。新田青雲らしい学年を越えた交流がここでもひろがっているのだなと実感しました。
また、いつでも顧問の先生は自分たちを見守り、意見を尊重した指導をしてくださるのもうれしいところだそうです。
他にもサーブに回転があることを初めて知った、練習すれば日々強くなれる種目だから、これからも練習をして、試合に出たいなど前向きな意見を語ってくれました。

キャプテンは今後も部員全員がのびのびと心も体も成長でできたらいいなと熱く語ってくれました。
これからもすばらしい活躍を期待しています。