クラブ紹介 科学部

科学部は水、土曜日の放課後に35名の部員がそれぞれのテーマで研究を重ねています。
今年度は科学部の2年生が、先輩たちの研究を受け継いで第60回日本学生科学賞の中央審査で3年連続の入選となりました。
今回の「捺印マット上の運動3」は、起毛タイプの捺印マットにビー玉やプラスチック球など大きさや重さの異なる12種類の球を転がして、その運動に違いが出るかどうかを調べた研究です。


球が少し曲がりながら転がる動きを写真や動画で撮影し,方眼紙に記録。起毛が球の運動の方向を変えたり止めたりし、その力は球の重さや接触面積に関係していることを突き止めました。
他にも6年生が「電気分解によるコバルトの析出」で同賞の愛媛県審査委員会で佳作を受賞しました。
これからもがんばってください。