わが子へ贈る言葉

6年間を振り返るとあっという間でした。

初めての電車登校で逆方向の電車に乗り何とか遅刻せず間に合いましたが、ハラハラドキドキのスタートでした。

そんな彼が今やちょっぴり成長し頼もしい⒙才。これからの人生の方が彼の長~い勝負が始まります。

親が手助けできない世界への始まりです。

しっかり地に足をつけて一歩一歩進んでほしいと願います。いつもあなたの味方で見守ってます‼