感動のスポーツフェスティバルを支えた人たち

SF開始前の出来事

 各グループのパネル担当の子どもたちがパネルを設営していました。「この角度の方がいいよ。」と最後の最後まで自分たちの最高の表現を工夫していました。

かわいたグランドに水をまく先生方の姿がありました。子どもたちや観客のことを思う気持ちが伝わってきました。

SF中の出来事

 演技前・演技中・演技後にグランドで素早く動く子どもたちの姿。

これは、重いタイヤを懸命に準備・片付けしている様子です。私には、これも立派な演技に見えました。係の子どもたちと先生方が一体となって躍動する姿が輝いていました。

グランド外でも輝く姿がありました。これは、飲み物販売の様子です。

我が子のことも気に掛けられながら、笑顔で接客されている姿にPTAの力強さを感じました。

SF後の出来事

 閉会式が終わって、観客がいなくなったグランドでグループごとに子どもたちと先生方が集まっていました。

輪の中心には、中心となって役を果たした子どもがそれぞれの思いを語っていました。笑顔や涙もありましたが、今日の日までどれだけの重圧の中でがんばってきたのかを、みんなで理解し合い、認め合っている姿に出会えました。

グループ長の声で、片付けが始まりました。疲れている子どもたちですが、テントを片付けるその顔には笑顔と充実感が満ちあふれていました。

今回、広報部員として、今までとは違う視点でスポーツフェスティバルを見ました。我が子の演技以外にも目を向けたときに、たくさんの人の支えによって子どもたちが成長させていただいていることがよく分かりました。そして、新田青雲の温かさを実感することができました。