第8回愛媛県私学振興大会

令和元年10月5日国際ホテル松山にて、第8回愛媛県私学振興大会が開催されました。

保護者の教育費負担の公私間格差の是正 という大会スローガンを掲げ、愛光中学・高等学校、今治明徳中学・高等学校、 松山城南高等学校、聖カタリナ学園高等学校、新田高等学校の保護者代表が 私学ならではの教育方針、先生の異動が少ないことによる安心感、 前例のない事に対しても受け入れてくれる柔軟性など、 それぞれの学校の特色を交え、私学だからこそ叶えられる、子供たちに合った教育内容を報告し合いました。

現在ありがたいことに、県の経常費助成を頂いておりますが、愛媛県は47都道府県中39位と全国平均に達していないのが現状です。

「昨今県内での自然災害が続き、厳しい財源である中ではありますが、より一層の手厚い私学学校への公的援助を」と、愛媛県私立中学高等学校保護者会連合会代表済美平成中等教育学校の平井紀子PTA副会長が保護者の願いとして県の担当者に手渡し閉会しました。

このような愛媛県の私学が集い、一丸となって開催される大会に参加させて頂き、保護者として、これからも子供たちが有意義な学校生活を送れるよう サポートしていきたいと思いました。