コロナ禍休校時でのオンライン学習対応に感謝

海外では、新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波が来ているようですね。愛媛県は、田舎の地の利もあり、まだ比較的感染拡大を抑えられているようで、ほっとしています。それでもなお、懇親会や参観日などで、保護者の皆様と顔を合わす機会がほとんどなくなってしまったのはさみしいですね。

さて、今年の3月~4月にかけての全国一斉休校の際、新田青雲中高一貫校はオンライン授業で対応をしました。子どもたちの学習の権利が保障されるよう、授業を実現してくれた先生方には、感謝の念に堪えません。海外ではさっさとオンライン授業に切り替わっていたし、県内では、いち早く愛光中高が始めたオンライン授業。そのうち平成済美中高一貫校や、松山南高でも始まり、青雲はど~するの!?と、ハラハラしながら見ていました。当時、公立中学校では、オンライン学習方法がまったく確立できていなかったので(たぶん今も)、青雲の前期生にとっては、本当によかったねえと思える対応でした。

しかしながら、オンライン授業では、コミュニケーションに限界あるので、対面形式の授業が再開されたことで、生徒さんたちが一番喜んでいるのではないでしょうか?

地域で感染を拡大させないことが一番ですが、万が一、また休校やむなし、となった場合にも、オンライン授業の課題が解決され、生徒さんが、より内容のある授業を受けられることを祈っています。